弊組合の特徴

01.受入実績10年以上・累計1,000人以上の実習生の受入

10年以上コツコツと真面目に技能実習制度に向き合って参りました。
現地語対応可能なスタッフが、企業様の巡回訪問を確実に行い、ささいな問題でも発生すれば、昼夜を分かたず、迅速に対応して来ました。
お陰様で、受入技能実習生の累計数1,000人を超えました。
だから、安心して下さい。

02.コンプライアンス重視の運営

平成25年以降29年まで、毎年、法務省入国管理局が、外国人の技能実習の適正な実施を妨げる「不正行為」を行ったと認められる旨を通知した外国人技能実習生の受入れ機関は200を超えています。※
当組合は、コンプライアンスを重視した運営に努めており過去1度も「不正行為」の通知を受けたことがありません。
だから、安心して下さい。

03.明朗会計

実習期間中にかかる費用は、お申込み前に事前に説明いたしますので、毎月の監理費等は事前に確定し、予期せぬ費用が発生することはなく、36ヶ月間ずっと毎月一定額の費用となります。(1ヶ月目と36か月目は、少し金額が変わります)
だから、安心して下さい。

04.確実な入国スケジュール管理

技能実習生の受入を企業様が決定されてから、実際に入国する迄、4ヶ月から6ヶ月近い日数を要します。しかしながら、最初にお約束した入国日から遅れが生じたのは、過去100回以上の実習生の入国で2回だけです。※
※2017年に大きな法改正があり、制度改定時に若干お待たせしてしまいました。
しかし、これは全ての組合で起こった現象です。
これは、現地の送出し機関との信頼関係が築けていることと、全ての手続きを外部機関等に委託せず、全て当組合自らで行っていることが大きいと考えています。
だから、安心して下さい。

05.全て組合が行います。

全て組合が行います。
  • 入国後の実習生の移動について
    空港⇒集合講習センター
  • 集合講習終了後
    集合講習センター⇒企業様
    実習生の役所での住民票の転入届、銀行口座の開設
  • 帰国時
    企業様⇒空港

当組合担当者が、全て行います。

集合講習センターでは、約1ヶ月間、市役所・警察・消防署のご支援を頂き、日本での生活マナーや法律までしっかり教育を行います。
日本語教育は、日本語教師の資格を持つ当組合常勤職員が担当いたします。
初めて実習生を受け入れられる時は、組合の通訳が実習(勤務)開始日から2日間程度、実習場所で通訳サポートいたします。
企業様は、まったく手間がかかりません。
だから、安心して下さい。

06.一般監理団体です。

一定の要件を満たした優良監理団体として、第3号団体監理型技能実習を行うことが出来ます。
だから、安心して下さい。

皆様に6つの安心をお届けします。